植物性ミルクとは

そういえば去年の冬頃、スターバックスではミルクをカスタムできるようになりました。カフェやレストランでも、普通の牛乳からデイリーフリーのミルクに変えることは当たり前になりつつあります。注目が高まってきている植物性ミルクのこと、あなたはどれくらいご存知ですか?

Starbucks can now customize milk. Even in cafes and restaurants, changing from regular milk to daily-free milk is becoming commonplace. How much do you know about vegetable milk?

よく聞くものだと豆乳、最近ではアーモンドやオーツミルクとバリエーションは豊富です。他にもライスミルクやココナッツミルクなど。調べてみるとたくさんありました。

I often hear soy milk, and recently almonds and oats milk are abundant in variations. Besides, rice milk and coconut milk. When I looked it up, there were many.

ではまず豆乳から。そのまま訳してソイミルクともよく言いますが、豆乳は名前の通り大豆からできたもの。大豆を長時間水に浸したものを擦り潰し、煮詰めた汁を漉したもののことです。私は最初、この豆感が苦手で全く飲めませんでしたが、体に良いと知って飲んでみたくなり、スターバックスで1日3回アイスソイミルクを飲み続ける日々を送って克服しました。

Let’s start with soy milk. Translated as it is, it is often called soy milk, but as the name suggests, soy milk is made from soybeans. Soybeans soaked in water for a long time are mashed and boiled down soup is strained. At first, I wasn’t good at this bean feeling and couldn’t drink it at all, but I wanted to try it because I knew it was good for my health.

体に良いというのも具体的には、豆乳の成分の大豆イソフラボンに着目していました。その時、肌荒れに悩んでおり、毎日口にする物を変えていこうと思い、アイスソイミルクを飲み続けることにしたのです。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのような働きをしてくれるので、美肌作りのサポートをしてくれます。

Specifically, I focused on soy isoflavone, which is a component of soy milk, because it is good for the body. At that time, I was suffering from rough skin and decided to continue drinking ice soy milk because I wanted to change what I eat every day. Soy isoflavones work like female hormones, so they support the creation of beautiful skin.

また、牛乳は動物性なのに対し、豆乳は植物性ミルク。どちらも十分にたんぱく質を摂取できるのですが、豆乳は脂質分が少ないコレステロールのない飲み物です。結果、私は豆乳を好きになることもでき、肌質も改善されたので飲んでよかったです。

Also, while milk is animal, soy milk is vegetable milk. Both are high in protein, but soy milk is a low-fat, cholesterol-free drink. As a result, I was able to like soy milk and my skin quality improved, so I’m glad I took it.

お次は、アーモンドミルク。こちらも作り方は豆乳と同様、アーモンドで作られたミルクです。最近注目されているミルクだと思うのですが、アーモンドミルクの特徴は、牛乳と比べるとカロリーは低く、コレステロールはゼロ、そして低糖質というヘルシーなところです。今まで気になる時は、カフェだと無脂肪乳に変えたりしていましたが、最近ではそんな時アーモンドミルク一択です。調べてみて分かったのですが、アーモンドは砕いてミルクになった状態を摂取する方がそのまま食べるより、効果的であるそうです。私自身、アーモンドをそのまま食べることはほぼなく、少し抵抗があるほどですが、ミルクにすることでより多くの栄養を吸収できると知り、これからさらにアーモンドミルクを飲む予感。

Next is almond milk. This is also made from almonds, just like soy milk. I think it’s a milk that has been attracting attention recently, but the characteristics of almond milk are that it has lower calories, zero cholesterol, and lower sugar than milk, which makes it healthy. Until now, when I was worried about it, I used to change to non-fat milk at cafes, but recently I have chosen almond milk. After investigating, I found that it is more effective to consume almonds in the form of crushed milk than to eat them as they are. I rarely eat almonds as they are, and I have a little resistance, but I learned that milk can absorb more nutrients, and I have a feeling that I will drink more almond milk in the future.

続いて、オーツ麦で作れられるオーツミルク。私は去年、スターバックスで取り扱うまで飲んだことのなかったオーツミルクですが、その時点でもうすでに欧米では「第3のミルク」と言われるほどだったそうで。海外ではオーツミルクの植物性100%、食物繊維が豊富、低糖質などの様々なメリットから注目を浴びていたようです。

Next, oat milk made from oats. I hadn’t drank oat milk until I handled it at Starbucks last year, but at that point it was already called the “third milk” in Europe and the United States. Overseas, it seems that it has been attracting attention due to various merits such as 100% vegetable origin of oat milk, abundant dietary fiber, and low sugar.

オーツミルクは豆乳のように少し黄色味がかったお色で、個人差はあると思いますが、すっきりしていてあまり癖のないテイストです。海外カルチャーが好きな人は察するかも知れませんが、アメリカ人の朝食の定番である「オートミール」。アメリカ人のオーツミルクへの定着が日本より早かったのは、そもそもオートミールとしてオーツ麦を摂取していたというハードルの低さもあるかも知れません。

Oat milk has a slightly yellowish color like soy milk, and although there may be individual differences, it has a clean and habit-free taste. If you like foreign cultures, you might guess that “oatmeal” is a staple of American breakfast. The reason why Americans settled in oats earlier than in Japan may be due to the low hurdle of taking oats as oatmeal in the first place.

お料理などでよく使われるイメージのあるココナッツミルク。脂質が多いミルクになるので、そのままゴクゴク飲むには向いていないものになります。カレーなどの隠し味として入れることで、味がマイルドでコクのあるカレーに仕上がったりします。

Coconut milk with an image that is often used in cooking. Since it becomes a milk with a lot of fat, it is not suitable for drinking as it is. By adding it as a secret ingredient such as curry, the curry will have a mild and rich taste.

そして最後はライスミルク。こちらはまだ飲んだことがないので、今回学んだことをシェアさせてください。名前の通りお米から作られているので、自然な甘みを感じることができるそうです。牛乳と比べると炭水化物を多く含むが低カロリーであるところがメリットです。まだ海外ブランドのものが多いですが、購入できる場所も増えてきているので、是非チェックしてみてください。

And finally rice milk. I haven’t drank this yet, so let me share what I learned this time. As the name suggests, it is made from rice, so you can feel the natural sweetness. Compared to milk, it contains more carbohydrates but is low in calories. There are still many overseas brands, but the number of places where you can buy them is increasing, so please check it out.

私自身、牛乳は好きでよく飲むのですが、このように植物性100%のミルクを選ぶことのできる時代というのは本当に良いなと思いました。アレルギーの人や乳製品を摂取しないヴィーガンの方がカフェに行った時にラテを選べないなんてこともあったのかもしれません。植物性ミルクはただの流行ではなく、しっかり日本にも定着してほしい限りです。

I personally like milk and drink it a lot, but I think it’s really good to be in an era where you can choose 100% vegetable milk like this. People with allergies or vegans who don’t consume dairy products may not have been able to choose latte when they went to the cafe. Vegetable milk is not just a fad, but I hope it will firmly take root in Japan.

food